[自粛期間で腹筋を割るチート方法]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

誰もが一度は、腹筋を割りたい。そう思ったことがあるのではないでしょうか。この自粛期間、あなたは何をしていましたか?普段よりも外に行くことができない。通勤時で稼いでいた消費カロリー。自粛になってから太った。そんな方は大勢いると思います。

しかし!まだ、大丈夫です。間に合います。夏までに!今年中に!この自粛期間中に!

「痩せたい!」「腹筋を割りたい!」そう思っているなら、とにかくこの記事を読んでいち早く行動しましょう。

  1. [腹筋を破る方法は2種類ある!]
  2. [とりあえず、これを使えば痩せる!]
  3. [まとめ]

[腹筋を破る方法は2種類ある!]

腹筋がバキバキ

Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

腹筋を破るには2つの方法があります。

「一つは、体脂肪をとことん減らすということです。」
この方法は、体全体の脂肪を落としていくことで最終的に腹筋が割れるということです。結構な長期戦になるので、時間がある今だからこそオススメです。
では、どうすれば体脂肪を減らすことができるのか。それは、消費カロリーと摂取カロリーに差をつけることです!基本的に、300kcal消費カロリーを多くすると、体の変化がわかりやすいです!

「消費カロリー」ー「摂取カロリー」=体重が減らすことのできるカロリー

ダイエットは難しく感じがられがちですが、実は仕組みがわかればなんともないことなのです。一定のカロリーないで食事をするだけなのです!!なので、チョコやお菓子なども食べながらダイエットをすることも可能なわけです。



「二つ目はとにかく、腹筋自体をつけることです。」
二つ目の方法は正直きついです。しかし、長期的にみると腹筋を最も割りやすい方法とも言えます。
なぜかというと、腹筋はもともと人に備われているから、痩せれば割れるというのは間違い無いです。しかし、その腹筋では個人差があり、バキバキの人もいれば、うっすらと線の入るくらいの腹筋の人もいるわけです。
しかし、筋肉自体を大きくしていくと痩せた時にはもちろんバキバキになりますが、脂肪がついている状態でも腹筋が割れている状態になるのです!!

また、腹筋に凹凸がつくので触った感覚もよく痩せにくい体に着々と変化していきます!

[とりあえず、これを使えば痩せる!]

腹筋が簡単に割れる、アブローラー!

Photo by Li Sun on Pexels.com

続いて紹介するのは確実に腹筋を破ることができる器具。
「アブローラー(腹筋ローラー)」についてです!これに関しては、自分も愛用していますが最高の筋トレ器具です!
騙されたと思って、1ヶ月利用してみてください。確実に腹筋に変化が現れます。
この自粛期間中に毎日10回でもいいからアブローラーを行う。気づいた時には腹筋が割れています。



「方法」

  1. まず、肩のしたにアブローラーをセットし、柔らかいマットなどの上に膝をつきます
  2. 腹筋に力を入れたまま腕を伸ばします
  3. おへそが地面と平行にな流くらいまで、近づいたら腹筋を丸めるようにして元の体制に戻します

これを10回繰り返すと、腹筋が悲鳴をあげるので是非挑戦してみてください!ちなみに、難易度をあげたい方は、膝をつかずに挑戦してみてください。難易度が一気に上がります!

[まとめ]

いかがだったでしょうか?今回紹介した腹筋を破る方法は実際に自分も実践している方法です!消費カロリーを500kcal大きくすることで、1ヶ月で7キロ落とすことができました!!
同じことを毎日していると確実に体重が落ちます!それに伴い腹筋を破ることができます。今まで、長期期間で食べすぎて日常生活で痩せようとしていた人は、自粛期間で効率的に痩せましょう!

*こちらから、購入できます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*