就活イベント「ジョブトラ」で無双したFラン生の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Freelankstudents

『就活イベント』
就活イベントを制するものが内定に近づくと言っても過言ではないです。

実際に僕は去年の5月ごろから就活イベントに参加し始めました。最初はジョブトラというものに参加し、その後数多くの就活イベントに参加しました。参加している学生の多くはGMARCH以上だと感じました。僕はFラン就活生ながらも参加者が総勢2000人以上いた中、レベル4という一番上のレベルで1位になりました。また、6社きている企業から特別面談を前者指名されたので、それなりのアドバイスはできると思います!最後に僕の評価シートを乗っけていますので良ければ見てみてください!

  1. [ジョブトラとは!?]
  2. [人事に猛アピールをせよ!]
  3. [行動を起こせ!]
  4. [仲間と仲良くなれ!]
  5. [まとめ]



「Fラン就活生の僕」
→夏季インターンシップや秋期インターンシップの選考通過率9割。学歴フィルターを感じないまま1月に早期内定で終活した人。ごく普通のFラン就活生。

[ジョブトラとは!?]

ジョブトラは経営体感ワークを通して人事の方々から評価をいただきランキングまで出るイベントです。このイベントの一番難しいところはワークのルールを理解するところです。実際に僕は参加するたびにルールがわからずに苦戦していました(笑)。

ジョブトライアウト2019フィードバックシート

こんな感じの評価シートが最後に配られます!

ジョブトラのルール!

チームごとに分かれて、商品を仕入れ、製造し、最終的に一番お金を持っているチームが優勝というワークです。基本的には複数チームがあり、各チームに役割が与えられます。例えばAチームは商社のような役割、Bチームはメーカー、CチームはIT企業、など様々な役割があります。企業によって扱える商品や仕入れ価格が変化しているので、交渉をして一番安く仕入れて高く売ることができるように頑張ってください!

[人事に猛アピールをせよ!]

ワークが始まって、まず初めに意識をすることは如何に人事の方との交流回数を増やすかということです。ジョブトラのワークでは「投資家」という名目で人事の方もワークに参加をしています。投資家から出資をしてもらうことで資金面で困らずにワークを進める事ができます。この人事にアピールをする際のポイントは二つあります。

1:交渉役は意地でも勝ち取れ!

→投資家に交渉することでお金を出資していただく事ができます。この役割こそがジョブトラで高い順位を狙うのに必須となります。基本的にはワーク中は人事の方と直接話す機会など交渉時しかありません。そんな機会を逃すなんて事をしたら、もちろん順位もよくはなりません。何回も参加してわかりましたが、結局は動いている人が評価されます。まずはこの交渉役を積極的に担いましょう!

Fラン生が一番活躍する方法はコミュ力を遺憾無く発揮するときです!!!


2:交渉時は簡潔に結論からロジカルに話す+αの情報を加える!!

→交渉のポイントをお伝えします。交渉はとにかく簡潔に話す事を意識してください!名前も知らない人の話を長々と聞くことほどだるいことはありません。それは人事の方も同じです。結論から話すことを意識するだけでFラン生でもロジカルに見せる事ができます。また、+αの情報を加えることで他の就活生とは違う凄みを見出せます。基本的にはほとんどの就活生は、自分たちが作りたい製品の情報しか言わないので、オリジナリティーのある交渉をすれば人事の方からの評価も間違いなく上がります。

[行動を起こせ!]

次に大切なことは行動をとにかく起こすことです。実際に動かなければ何も意味がないです。ただ参加するよりも積極的に行動をしたほうがいい時間を過ごす事ができます。チームの中での役割は大きく2つに分かれます。交渉役と仕入れ役です。

『交渉役』

→主に投資家、他チームに交渉しにいきます。交渉することで行動力が評価対象になり順位を上げる事ができます。また、コミュニケーションは必須ですのでFラン生が活躍することは間違い無いです。何をやればいいか迷ったら、『とりあえず生』の感覚で『とりあえず交渉行くわ!』と言ってください。


『仕入れ役』

→主に資金を部品に変えるための仕入れ作業や、完成した製品を販売に行く事をします。この役割は女性が多い気がしました。実際に男性よりも気配りや細かな作業が得意な方が多いからだと思います。この役割はチームにとって非常に重要な役割になります。仕入れスピードや販売スピードは最終的な資金に大きく影響をするからです。また、非常に簡単な役割かつ行動力も評価されるのでコスパは抜群です!

[仲間と仲良くなれ!]

続いてはチーム内で覇権を握るための一番重要な事です。それは仲間と仲良くなる事です!(今後の就活において有益な情報を流してくれる可能性のある人と友達になると就活は一歩前進します。Fラン生が就活に負ける理由は学歴ではなく情報不足が主な原因です。仲間と仲良くなって友達になる事を目指してください!)
これを聞いて「え?こんだけ?!」と思った人は上位にはなれません。断言できます。
そもそもFラン生の僕たちには頭脳で戦う術はありません。飲み会やサークルで磨いてきたコミュ力を発揮するしか無いのです!

『立ち回り方と作戦!』

→コミュ力を発揮する際に一番いい立ち位置は間違いなく『まとめ役』だと思います。実際に他の就活生が行った意見に+αの事を言うだけでまとめ役としての責務は全うする事ができます。ただ、まとめ役になるにも自分から言うのもちょっと気まずいですよね(笑)。
僕もそう思っていたので、ある作戦を実行しました。それは、、、
『会場に向かう前のエレベーターの中で話しかける!』です!
ジョブトラに行く際にビルのエレベーターに乗るのですが、その際に4人くらいと同乗します。その4人は「この後仲間になる可能性がある人たちなのです!!」エレベーターで話しかける人なんてそうそういませんし、むしろ驚かれるかもしれません。ただ、一言声をかけるだけでワーク中に『さっき一緒のエレベーターだったよね』から会話をスタートさせる事ができるのです。その時点ですでにその人は自身の味方になっています。戦いは始まる前から始まっているのです。

『自己紹介を制すればワークを制する事ができる!』

→ワークが始まる前に自己紹介をする時間があります。上記の通り行動していればもしかしたらエレベーターの仲間がいるかもしれません!いたとしたら、既にあなたは優位に立っていますし、いなければここで優位に立てばいいだけです!Fランの皆さんで大学名を言うのが恥ずかしいなんて思っている人いませんか?自己紹介ではそんなコンプレックスも役に立つ事ができます!
ジョブトラは基本的にはGMARCH以上の学生がいるのでFランとはほぼ出会いません!そのためオンリーワンになる事ができます。また、Fランならではの面白い話を披露すれば、その時点であなたは『まとめ役』になる未来が約束されます!


[まとめ]

今回は就活イベントジョブトラで好成績を残すための秘訣を書きましたが、要は「行動」しろと言う事です。Fラン生は基本的に天性のコミュ力を保持している人が多くいます。学歴はなくてもコミュ力あれば評価されるのが今の日本だと思っています。学歴コンプはここで、そんな日本がおかしいとか言うかもしれませんがそんなこと気にしないでください。Fラン生にだって強みはあって当然ですから。
エントリーシートやウェブテストで落ちる事があるならできる人に助けを求めてください!大学内の友達に聞くなんてナンセンスです。結局はその人も同じFラン生ですから。
今4年生の人も3年生人たちもまだ余裕で間に合います!できないことは他の人に頼る方法で足切りに会わないようにしてください!そんな出会いの場所として、こういった就活イベントの活用をしてください!
free-lank-data

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*