※永久保存版:Fラン就活生は「伝え方」を極めれば覚醒する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
メルカリで売れやすい

Fラン就活生は飲み会や遊びのプロが多いことからコミュニケーション能力だけは長けているのではないでしょうか。

どうも凡人Fラン就活生です。Fラン就活生は伝え方さえ極めてしまえば最強の就活生として覚醒することができます。その理由は大きく二つあります。

・一つ目は「自分の思いを100%伝えることができる」からです。多くの就活生はここで一番苦戦します。学歴が高い学生はある程度のガクチカなどを仕上げることができるのですが、この伝えるという観点に関してはFラン就活生と変わりありません。つまり、いくら良いガクチカができたとしても面接官に伝えることができなければ意味がないのです!クソもったいないことをしないようにしないとです。
・二つ目は「いい意味でバカが多い」からです。Fラン就活生は基本的に知識不足で人事が言うことが全て正しいように聞こえてしまいます。そのため説明会を受けるたびに「この企業最高や!」となってしまいます。ただ、これは非常に良いことです。勘違いだとしても最高だと考えるだけで熱意は他学生と比較しても負けないものになります。高学歴はブラック企業だと少しでも思った企業には目も向けません。Fラン就活生はバカがいいように働いてくれるので、そこで生まれた熱意を面接官に意図的に伝えることができるようになれば最強就活生になることができます!

「Fラン就活生の僕」
→夏季インターンシップや秋期インターンシップの選考通過率9割。学歴フィルターを感じないまま1月に早期内定で終活した人。ごく普通のFラン就活生。

僕の就活アカウント!
→朝活をしているのでよかったらみてみてください!

  1. [Fラン就活生が覚醒する方法]
  2. [伝えることを極める意図について]
  3. [まとめ]



[Fラン就活生が覚醒する方法]

それでは今からFラン就活生が最強就活生に覚醒するための方法について伝授していきたいと思います。やることは大きく分けて4つです。

ステップ1;面接官に質問をさせるような文章構成のエントリーシートを作成する

→自分が作成したエントリーシートをプリントアウトし、質問が来そうなところにアンダーラインを引きます。その質問に対して深掘りがされる前提で考えます。3回くらい深堀れば完璧です。同時に具体化されているエントリーシートを抽象化する作業も行ってください。(チームで動くことで相乗効果が生まれ結果も向上することを学んだ→チームワークの重要さを学んだ)そうすることで面接時の質問対策をしやすくなります。

ステップ2;面接官の諮問の意図を理解する練習をする

→Fラン就活生はこれができてない人ばかりです。面接官が本当に聞きたいことは何かを速攻で理解する練習をしてください。方法としてはバイトなどでお客様が発した言葉から連想をして予測することや日常会話を連想する方法などがあります。基本的に話に対して連想をするという作業を行えば問題ないです。

ステップ3;面接時には話の骨組みの身を面接官に伝える

→面接官が重要視していることは企業によって異なりますが、多くの面接官は学生がロジカルかどうかを見ています。ロジカルさというものは僕は話のわかりやすさだと認識しています。つまり、めちゃくちゃわかりやすく話す特訓をすればFラン就活生でもロジカルさを獲得することができるのです!
ではわかりやすさとは一体なんでしょうか。僕は流れに沿って話が進むことだと思っています。つまり、初めに話の流れを提示してあげればいいのです。内容はその次です。面接でも骨組みのみを最初に伝えて面接官に話の流れを理解させてください。



ステップ4;面接中に面接官と一緒に肉付け作業を行う

→先程面接官に話の流れを理解させました。次は内容を肉付けする作業です。面接官は質問をすることによって自身の頭に刷り込まれた骨組みに肉付けを始めます。面接官も理解がしやすく質問も増え、面接にリズムが生まれます。こうなればもう勝ちです。Fラン就活生ということを面接官は忘れてしまい、「合格」の2文字が頭に浮かび始めます。

ステップ5;将来像の質問は目の前にいる面接官の特徴をバレないようにいう!

→これはものすごく使えるテクニックになります。面接ではよく将来像を聞かれると思います。僕は正直志望度が低い企業に対して将来像を考えるのがクソ苦手でした。そんな時によく行っていたのが、目の前にいる面接官の特徴を捉えて将来像にしてしまうという方法です。ここで重要になるのが、面接官に直接名前を言ってしまうのはダメです。あくまでもバレないように行ってください。その理由は「もしかして自分のこと言ってる?」という期待感を持たせることが一番効果抜群だからです。皆さんもこういう経験ありませんか?自分が気になっている女の子の好きなタイプを聞いたときに「ワンちゃんこれ自分じゃね?」と考えて高まってしまった経験です。この時の皆さんの心は嬉しさやドキドキで高まっていたと思います。この感情こそ人にとっては効果抜群なのです。
加えて志望動機で「御社の人の良さが理由です」なんて言ってたら面接官はイチコロですし最高の面接をすることができます。



[伝えることを極める意図について]

上記で伝え方の方法について解説をしましたがその意図についても解説していきたいと思います。

ステップ1では面接官用の落とし穴を作成しています。落とし穴と聞くとなんかせこいと考えてしまう人もいるかもしれませんがものは捉えようです。「面接官が面接をしやすいように住ん美をしておく」と言い換えるといかがでしょうか。面接官のことを考えてのことなので素晴らしいことですよね。実際に面接を支配することが簡単になりますので手を抜かずにやる事がオススメです!

ステップ2では面接官との円滑な面接を行うために必要になります。面接では質問の意図と違うことを言ってしまうと減点されてしまいます。例えば面接官が「あなたの好きな色はなんですか」と言ったとします。この時に面接官が聞きたいのは本当に好きな色でしょうか。答えはNOです。解答を答えるまでのスピードから頭の回転の速さを見たいのかもしれませんし、過去の経験からエピソードを引き出したいのかもしれません。このように言葉の裏にある意図を汲み取る事ができるようになれば、面接官にとってもストレスがなく面接を行う事ができ結果的に合格に近づく事ができます。



ステップ3では面接官の頭の中に骨組みを作ることで面接官の理解度を格段に上げることを行っています。骨組みだけいうことで面接官はこの骨組みに肉付けをしていけば良いという思考になります。そうなればあとは想定されている質問に答えるのみです。用意されてるとは知らずに面接官は質問をしてきます。また、あなたは想定された質問が来ることで落ち着いて回答する事ができ、結果としてこれも合格に近づく事ができます。

ステップ4では骨組みの肉付け作業を一緒に行うことで親近感を与えています。基本的に人は協働することで親近感を覚えます。その作業を面接中にしてしまおうという魂胆です。この時点で既にあなたの合格は決まっているので、残りの面接時間は思い切り楽しんでください!

[まとめ]

Fラン就活生が元から持っているコミュ力を発揮するための方法を詳細まで解説しましたがいかがでしたでしょうか。Fラン就活生だけでなく面接連敗中有のNNT就活生に対しても役に立つのではないかと少しだけ思っています。面接は面接官と楽しい時間を共有できるかが重要になります。楽しむ事ができれば自然と言葉も出てきますし、あなたの本当の姿を見せる事ができます。Fラン就活生も徹底的に対策をして納得内定を目指しましょう!もし、この記事が良ければ拡散していただけると嬉しいです!!また、感想などもお待ちしています!!!!!!
【この記事がいいなと思った方はお気持ち程度にこちらをクリックお願いします😭1クリックで二円になります😭。】

こちらから「就活イベント「ジョブトラ」で無双したFラン生の話」の記事に飛ぶ事ができます。
こちらから「Fラン就活生の僕が早期内定を獲得した方法」の記事に飛ぶ事ができます。
こちらから「今から就活を始めるFラン生がやるべき事」の記事に飛ぶ事ができます。
こちらから「Fラン就活生が就活で学歴を感じた瞬間について(笑)」の記事に飛ぶ事ができます。
こちらから「Fラン就活生がNNT(無い内定)に陥る原因3選!」の記事に飛ぶ事ができます。
こちらから「Fラン大学生の就活はドラクエである。君こそが勇者だ」の記事に飛ぶ事ができます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*