「今話題のBAFF」実際に使ってみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コロナウイルスで自粛中の中少しでも運動をしたいという人がランニングをする際に、呼吸が後ろの人に散布してしまいよくないのでは?という問題が話題になりました。マスクをしても呼吸がしづらいし、世間的にもマスクをつけていないと嫌な目で見られてしまう可能性がある。その中で、あのランニングを趣味としている山中教授がオススメしたコロナ対策の商品が今回紹介する「Buff」になります。今回は購入して、実際に使ってみた感想なども紹介したいと思います。

Buffについて

Buffについて、簡単に説明していこうと思います!Buffの始まりは、スペイン・バルセロナ西部にある家族経営工場と、たった1つのアイデア。創業者ジョアン・ロハスは、バイク走行時に着用するために縫目のないチューブ型のネックウェアをデザインしました。幾多にも変化するこのアイテムはたちまち注目を集め、BUFFが誕生しました。 なんと言っても、バイクに乗る時、ランニングをする時、スキーなどのウインタースポーツをする時、Buffはいかなる時でも活躍してくれます。また、使用用途もいくつもあり、一石十鳥くらいです!使用方法は下の画像を参考にしてください。マスク、ヘッドバンド、キャップ、ネックウォーマーなど様々な使用法があります。 <br.生地も薄く、使用した後の洗濯も楽チンです!洗いやすいというのも、オススメのポイントです。

 

ランニングとの相性

山中教授がテレビで呼びかけをしたことによって、全国的にさらに名前がしれたBuffですが、実際の使用感を解説していこうと思います。 [フィット感]→これに関しては、満点です。とにかくフィット感はいいです。また、軽くて記事に伸縮性があるため幅広い年齢層の方々が利用可能だと思います。購入する前は、走っている最中に落ちてきたりするのではないかと思っていましたが、実際には全く落ちてくる気配がありませんでした! [呼吸のしやすさ]→筆者は、Buffを購入するまでマスクを着用してコロナ対策をしていましたが、なんと言っても呼吸がしづらい!!マスクに嫌気が差してきた頃にネットでBuffを購入しました。Buffに変えて初日、つけた瞬間マスクとは全く別物の呼吸のしやすさに驚きました。マスクの何が嫌だったかというと、息を吸うたびに口に張り付くような感じが鬱陶しくて仕方ありませんでした。その点、Buffは全く張り付き感を感じさせず本当に購入して良かったなと心から思えるものでした。 [見た目]→見た目は、柄によっては怪しい人に見えてしまう可能性があるなと思いました。柄にもよると思いますが、この際なのでなるべくいつもの自分だったら買わないような柄を選ぶことをオススメします!また、始めは日本的になれてないこともありみられることもあると思いますが、時間の問題です。実際、着用している人も増えてきています。見た目で悩んでいる人は間違いなく購入した方がいいです!

転売ヤーからは買うな!

Photo by Oladimeji Ajegbile on Pexels.com

メルカリやラクマなどのフリマサイトで購入するのはやめた方がいいです!! 多くの方が利用しているフリマサイトですが、こちらで販売されているのは全て転売価格に設定されているものが多いです。商品は売れればしっかりと製造されます。ここで、転売ヤーから購入しては思う壺です。ですが、今すぐに必要だという方は、代用できるものを探して購入することをオススメします!なぜかというと、多くの方がこのようにすることで、転売ヤーは売れないと気付き値段がどんどん落ちていきます。また、楽天やアマゾンを見ていると、たまに在庫が自入っている時があるのでそちらを狙うのもいいと思います。

 

まとめ

今回は、Buffについて紹介させていただきました。完売が続出しているBuffですが、入荷している時もありますので懲りずに定価で買うようにしてください。生産はしっかりとされているので、入荷するまで落ち着いて待ちましょう。使用感も抜群なBuffはランニング以外にも様々な使い道があるので、いろいろ試してみたいと思います。また、こちらからBuffの公式サイトに飛べるので、是非ご自身で確認してみてください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*